千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒299-0261

千葉県袖ケ浦市福王台2-21-11 セントラルビル1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  • > ナノコンポジット|ナノテクノロジーが実現する超低汚染塗料

ナノコンポジット|ナノテクノロジーが実現する超低汚染塗料


汚れにくく色あせにしくい速乾性塗料ナノコンポジット

世界のあり方を変える100万分の1mmのテクノロジー

 21世紀はITとナノテクノロジーの時代と言われています。小型化が凄まじいスマートフォンやノートPCでは既にナノサイズの回路が使われていますし、あまり目立ちませんがさまざまな樹脂製品にもナノテクノロジーが応用されています。
 塗料の塗膜となる樹脂成分にもナノテクノロジーが応用され、大変画期的な製品が登場しました。それが水谷ペイントの「ナノコンポジット」シリーズです。

 現在、「ナノコンポジット」シリーズはナノコンポジットW、ナノコンポジットF、ナノコンポジットW防藻+の3種類がラインナップされています。
ナノコンポジットエマルション樹脂の特徴
ナノコンポジットシリーズ共通の特徴
優れた耐汚染性
 汚れがつきにくい上に、汚れが付着しても雨で洗い流されるセルフクリーニング機能を持っています。
色あせしにくい
 促進耐候性試験において、一番厳しい耐候形1種に合格。耐候形1種は2500時間(10年相当)経過後も80%以上の光沢を保持しなければならないが、ナノコンポジットWはそれを上回る90%以上を保持。
長期間に渡ってカビや藻を寄せ付けない

 微生物の増殖を抑制する防カビと防藻に優れています。さらに防カビ機能と防藻機能を強化した「ナノコンポジット防藻+」もラインナップされています。

燃えにくいから万が一の場合でも延焼を防ぐ

 炎に曝されると最初は表層の有機分が燃焼するが、その後は有機成分と無機成分が融合膜を形成するので、酸素をシャットアウトします。一般的な塗料では難しいJISA1321難燃一級に合格。

シックハウスの原因となるホルムアルデヒドの放散がすくない

 厚生労働省ではシックハウスの原因となるホルムアルデヒドを規制対象としています。ホルムアルデヒドの放散が最も少ないものには「F☆☆☆(フォースター)」が与えられ、使用量に制限が設けられることもありません。

速乾性に優れている

 これまでの水性塗料よりもはるかに早く乾きますので、工期が延びることも少なくなります。外壁塗装の際のご近隣へかける迷惑を少なくできることになります。

ナノコンポジットシリーズの秘密 1
なぜ、汚れづらいのか?

 ナノテクノロジーによって実現した緻密な塗膜のおかけです。
 従来型エマルジョン樹脂の大きさは400~500nmですが、ナノコンポジットシリーズのアクリルシリコン樹脂は50~60 nmと約10分の1の大きさです(nmは10億分の1メートル、100万分の1ミリ)。

 樹脂が綺麗に整列した塗膜を拡大すると図のようになります。50~60 nmの樹脂と400~500nmのものを較べれば、400~500nmの方がその隙間が大きいですよね。
 隙間が大きい方が汚れも入り込みやすく、汚れやすいのです。汚れが入り込みにくいナノコンポジットは必然的に汚れにくいのです。

従来型エマルジョン樹脂塗料とナノコンポジットWの樹脂の隙間の違い

ナノコンポジットシリーズの秘密 2
なぜ、雨が降るたび汚れが洗い落とされるのか?

ナノコンポジットシリーズの秘密 2 なぜ、雨が降るたび汚れが洗い落とされるのか?

 ナノコンポジットの塗膜は親水性であり、なおかつガラスに近い性質を持っているからです。塗膜を形成する超微粒子シリカ(ケイ素)はガラスの原料にもなります。
 ガラスと外壁では同じ汚れでもガラスの方が落ちやすいことは言うまでもありません。なおかつ、親水性の塗膜は先に汚れが付着していたとしても、汚れの下に水を潜り込ませるという性質を持っています。
 結果的に水で汚れが浮かされて、洗い流されることになるのです。

ナノコンポジットシリーズの秘密 3
なぜ、色褪せしにくいのか?

 一般的にお住まいでは色褪せしにくいものとして釉薬(陶器)瓦が知られています。釉薬瓦がほとんど色褪せしないのは表面が無機質のガラス質に覆われているからです。

 ナノコンポジットの塗膜もガラスの原料となるシリカから構成されており、限りなく無機質に近い特徴を持っています。

ビー玉

「ナノコンポジット」シリーズは全部で3種類

ナノコンポジットW

地球温暖化対策壁用塗料ナノコンポジットW

 アクリルシリコンをベースとした製品で、ナノコンポジットの中で最初に上市された。
 数々の実績を誇り、大手小売のショッピングモール、大手の飲食店、大手のインテリア小売業にも採用された。

ナノコンポジットF

超耐候性フッ素樹脂塗料ナノコンポジットF

 2016年に登場した製品で、最後に「F」がつくことからも分かるように、フッ素ベース。
 しかも紫外線を吸収し、ラジカルを補足するというハルスハイブリッド型。ナノテク、フッ素、ハルスハイブリッドという贅沢仕様。

ナノコンポジット防藻+

水をコントロールして藻の発生を抑制ナノコンポジットW防藻+

 水分を吸収、通過しやすい塗膜を採用し、防藻機能を強化したのがナノコンポジット防藻+。
 藻の原因となる菌が付着した場合、そこから水分を吸収することによって成長を抑制し、降雨で洗い流すというメカニズムを持っている。

ナノコンポジットで塗り替えることによって地球環境にも貢献できます

 地球環境に優しい塗料というと遮熱塗料や断熱塗料が挙げられますが、ナノコンポジットも地球環境に貢献できる塗料です。
 塗膜となる樹脂は石油が原料です。その石油を精製する工程で大量のCO2が発生します。ご存知の通り、CO2は地球温暖化の原因です。

 ナノコンポジットはナノテクノロジーによってこの樹脂の量を大幅に削減することに成功しました。ナノコンポジットは貴重な石油資源を節約し、なおかつCO2を大幅に削減しているのです。

工場、煙をまき散らして走るトラック
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に